「知って悪をする」のと「知らずに悪をする」

「知って悪をする」のと「知らずに悪をする」のでは、
どちらが罪が重いのでしょう?

法律では、知って悪いことをする方が、
罪が重いんです。

ところが仏教では、
知らずに悪いことをする方が罪が重いのです。

悪の自覚・・
罪の自覚・・
その自覚がないことが救われないのです。
悪人とはそんな人を言います。


f0305411_18555221.jpg



そう言えば最近、フランスなどで起こっているテロ事件の犯人は、
知らないどころか、
自分は正しいと思って殺人を犯していますね。

世界で起こっている悲惨な悪は、
すべて「自分は正しい」という人がおこしています。

さて、ここで言いたいこととは、
「私が知らずに犯している罪とは何か?」ということ。

宗教とは本来、私の罪の自覚に、
気づかせてくれるものではなかったでしょうか?


           (第237話)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2015-01-14 18:58 | Comments(0)  

<< 他人の一言に傷ついた経験はあり... 偶然の一致が重なると恋愛が生ま... >>