独り死に、独り来て、独りゆく

人はこの世の愛欲の鎖につながれているが、
独り死に、独り来て、独りゆきます。

すべては自分の責任において負わなければならず、
誰にも代わってもらうことが出来ない。

どんなに利口そうなことを言っても、
欲は多く、怒り、うらやみ、ねたむ心もやむなく湧いて、
命終わるときまで、とどまらず、消えず、たえぬのですから。


f0305411_22244296.jpg



そのことに気づいたら、
自分の力を諦めて、水の中に浸かれば、
水が私を浮かせてくれる力に任せます。

一度、浮かぶコツを覚えたら、
次からは自由自在に泳ぎ回ることもできるのでしょう。

(第389話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-06 22:25 | Comments(0)  

<< 本願 人の思いとは・・ >>