無明の闇

万物は一つという真理に気づかず、
自己と他者、生と死を別のものと捉え、
自己中心的な想念を持つこと・・

それによって自分の都合の良い状況を、
際限なく要求し、
自分に都合の悪い状況を憎み呪い、
愛欲と増悪に揺れながら生きていく・・

生に執着するものは、
生を望み、死を拒絶して悩み、
反対に生に絶望したものは、
死を望んで苦しみます。


f0305411_942165.jpg



それを釈尊は、
無明と煩悩と呼び、
虚妄の生き方であると言われたのです。

ここに、
生死の闇を超えてくる光(仏)が、
太陽の光のように、
無明の闇を破って、
物事の真相を知らせるのです。

(第393話) 
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-12 09:42 | Comments(0)  

<< 悟りの目から見た世界 あるがまま >>