うらみを捨ててこそ

「うらむ」心は、
心臓にトゲが刺さったように厄介なものです。

表面からは何ともなく見えても、
内面では燃えさかっている感情です。

うらみが続くと、
「あんな奴、死んでしまえばいい」
そんな呪いをかけるようになります。

うらむ心はエネルギーを大量に消費するので、
四六時中この心に苛まれると、
くたくたに疲れそれでも、
その思いから逃げ出すことが出来ないという、
地獄を味わいます。



f0305411_1113933.jpg



さてではどうしたらいいのか?!
それが知りたいですね。

2500年も前に、
お釈迦様が言われたこと・・それは、

「うらみは、ただうらみなきこころによってのみ、
   うらみを解くことができる」

これが未来永劫に変わら真理だと言います。
長年のうらみを持った人に、
「俺さ、長い間、君をうらんでいたんだ」

もしそう云えれば、
案外、こころが軽くなったりします。

  (第424話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

by bruckner72 | 2016-11-11 11:05  

<< 捨ててこそ救われる 菩薩願行文(ぼさつがんぎょうもん) >>