指月の月(しげつのつき)

「ああ、あそこにきれいな月があるね」
そう人差し指で月を指すと、
「どこどこ」
そう言って、
月を見ないで、指を見る。


「ほら、あそこだよ」
そう言っても、
月はなにせ遠くにあるものだから、
気づかないでいる。


f0305411_13171612.jpg




そのうち、
「お前の指は太い」とか、
「やれ、手を洗ったか?」とか、
話の目的からずれてしまう。

「あそこに月が・・」
そう言って、
指の先の月を見ることが出来るのは人間だけ。

猿や犬にはできない。
だのに人間でも本筋から離れて、
引っかからなくても言いところに、
引っかかってしまう。

人の暮らしとは、
こんなことの繰り返しでしょう。

   (第427話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

by bruckner72 | 2016-11-20 13:21 | Comments(0)  

<< 無心 二河白道(にがびゃくどう) >>