夢のお告げ

真言宗で一番大切な教えに、
「理趣経」というお経があります。

あの最澄(天台宗)が空海に頭を下げて、
お願いしても貸してもらえなかった、
秘伝中の秘伝のお経です。

その門外不出のお経を、
夢で伝授されたと言う人がいます。

明恵(みょうえ)と言う鎌倉時代の名僧です。
この人が十九才のときに、
夢にインドの僧があらわれ読み授けられたそうです。


f0305411_10162321.jpg



この理趣経には、
「男女の恍惚境も、清浄なるぼさつの境地である」
「一切(すべて)の法(もの)は清浄(きよらか)なり」
性や欲望の肯定ととれる教えを、明恵はどうとらえたか?

お経はマガダ語やサンスクリット語など、
いくつかの言語を超えたうえに、
釈尊亡きあと、2500年も経ていますから、
時代も違うし、訳し方、伝わり方で正確さ欠いているかも知れません。

もしかしたら夢は時空を超えた、
最高の伝達方法だとも思えます。

(第433話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

by bruckner72 | 2016-12-12 10:29 | Comments(0)  

<< 人間の考えをやめてみたら・・? こんな夢を見た >>