シンクロニシティ

これは本当にあった話です。
1994年(平成6年)2月21日

『環太平洋ヨットレース』に参加するため、
自分のヨット・酒呑童子号に乗り込んだ諸井清二さんは、
西宮港を出発しました。

ところが、しけとヨットの破損のため遭難、
連絡は途絶えてしまいます。


f0305411_9164261.jpg



しばらく報道されなかったけれど、
2か月後の、
4月8日には新聞に遭難の記事が載ります。

誰もが「もう生きてはいまい」
そう思っていました。


ここから不思議なことが起こります。
妻の千恵子さんは予知夢を見ます。

それは5月21日の夜でした。
夢の中で目を覚ました千恵子さんが、
食卓にいくと、夫の清二さんが坐っているのです。

「いつ帰ってきたの?」
そう千恵子さんが聞くと、
「6月7日に帰ってきたよ」
清二さんはそう答えました。


f0305411_9165961.jpg



この夢を見て千恵子さんは、
是非6月7日までは捜索を続けるようにと、
各方面に依頼します。
正夢ではないか?そう思ったからでしょう。

そして運命の6月7日
韓国の釜山から夫・清二さん、
無事救出の知らせが、
千恵子さんのもとに届きました。

清二さんはヨットの上で、
何度も何度も、
妻の千恵子さんに話しかけていたそうです。

もし清二さんの思いが、
千恵子さんに届いていたら・・
これほどの偶然はありません。

思いがけない偶然の一致、
因果性とは違う、
二つ以上の同じような出来事が同時に起こる現象、
それを「シンクロニシティ」と云います。

 (第466話)
 
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2017-03-25 09:17 | Comments(0)  

<< 『本来の自己』に出合うために 毎日が楽しくなる知恵と言葉を伝えたい >>