<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

人間は本能の壊れたサル

心理学用語で自我とは”私”のことです。
人間がなぜ自我を持つようになったのか?

それは、
人間が本能の壊れたサルだからです。

例えば人間だけは、
一年中、セックスをしますね。

自然界では動物は一年に何回かだけ、
メスの発情期に繁殖をします。

つまり本能が働いているのです。
人間はなぜか、
本能が壊れてしまったので抑制がききません。

f0305411_728896.jpg

だから人間は本能に代わる機能を与えられています。
それが自我意識=私です。

でもこの私は弱くてとても脆い・・
脳のどこを探しても”私”を見つけることは出来ません。

この自我は誰かに支えてもらわなくては、
生きていけないのです。

人が一人では生きていけない理由が、
ここにあります。

           (第57話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-26 23:46 | Comments(0)  

死者との語らい

何度、連絡してもつながらない人がいる一方で、

本当に必要な人の所にはキチンとつながる縁が、

やってくるようになっています・・

私たちは生まれてくるとき、

人生の設計書をつくります。

この人生で何をして、どんなことを学びたいのか?

偶然だと思う出来事にも意味があります。

f0305411_18502947.jpg


時には死んだ人を思い出してあの人ならどうするだろう?

そう考えたりするのは、

目には見えないけれど死者との語らいをしているのです。

私たちはそんな死んだ人に支えられて、

生きているんじゃないでしょうか。

  (第56話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-22 18:51 | Comments(0)  

自己とは何か?

~仏道をならふというは、
     自己をならふ也~

道元の有名な言葉です。

仏教には八万四千の法門と資料があると、
言われていますが、
「すべては自分を学べば解決がつくよ」
そう道元は教えています。

では自分を学ぶとはどうしたらいいのか?
それは、自分を忘れることだそうです。

f0305411_19273069.jpg

自分がない(自意識が取れた)状態とは?
ありのまま(事実)だけがある・・

(例)
 外出しようとしたら近所の人が立ち話している。
 きっと私のことを噂しているんだ。
 (そんな妄想をしてしまいます)

私たちは五感で感じることに、
あれこれと”自己”のフィルターを使っています。

思考は悩みを作ります。
道元はこのような自分の意識を外してみたら、
青空のような心だけが残る、そう云っているようです。

        (第55話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-21 19:30 | Comments(2)  

安住の地を求めて

この世で出会う人や物事には、

何か神秘的な意味があるように感じます。

結果がすべて?

目的を達成することが大事?

今まではそう思っていましたね。

たどり着いたところがすばらしくて、

過去は意味がないと。

f0305411_22322580.jpg

でも、最近、自分の歩み・・

その、すべてが面白いと、

そう感じるようになりました。

わたしのために人生があるのではなく、

人生の一つの道具が私だったんだと、

思えるようになりました。

        (第54話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-18 22:33 | Comments(0)  

オードリーが愛した詩

魅力的な唇のためには、

優しい言葉を紡ぐこと。

愛らしい瞳のためには、

人々の素晴らしさを見つけること。

スリムな体のためには、

飢えた人々と食べ物を分かち合うこと。

豊かな髪のためには、

一日に一度、子供の指で梳いてもらうこと。

美しい身のこなしのためには、

決して一人で歩むことがないと知ること。
f0305411_18385785.jpg

人は物よりはるかに多く回復し、

復活し、生きかえり、再生し、報われることが必要なのです。

くり返し、くり返し、報われることが。

決して何人たりとも見捨ててはなりません。

助けてくれる手が必要なとき、

自分の腕の先にその手があることを思い出して。

年をとると、人は自分に二つの手があることに気づきます。

一つの手は自分自身を助けるため、

もう一つの手は他者を助けるために。
 
           (第53話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
  

バレンタインディの日に・・
オードリー・ヘップバーンの愛した詩と共に。


[PR]

by bruckner72 | 2014-02-14 18:43 | Comments(0)  

ダブルバインド

「愛してる」と言いながら、
子供が近づいてくると、
突き放してしまう母親。

言葉では肯定、
態度では否定、

これこそがベイトソンが提唱した、
ダブルバインド理論です。

f0305411_20433075.jpg

すると、弱者(子供・患者・服従者)は、
相手の心を読もうとします。
これが被害妄想です。

また情報を遮断して、
自分だけの世界に生きようとします。
これは離人症の始まりです。

良い母、良い子供を演じることの矛盾・・

           (第53話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-12 20:43 | Comments(0)  

何かにのめり込む気持ち

今ではどんなことにでも、
依存症になる可能性があります。

薬物・アルコール・仕事・ギャンブル・インターネット、
そして、それらの背後には、
人間関係へのアディクションがあります。

1)他者をコントロールしたい!
2)あの人がいなければ私はダメになってしまう!

f0305411_19545954.jpg

こうして、
「支配ー服従」の関係が出来上がります。

服従する人は相手に過剰な適応をすることで、
コントロールできる幻想を抱きます。

そして支配者はダメな人間であり続けること・・
それが相手をコントロールする行動なのです。

       (第52話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-11 19:55 | Comments(0)  

THE ART OF LOVING

エーリッヒ・フロムはそれを、
愛の技術と呼びました。

愛とは決して、
知らぬ間に沸き上げる魔法ではないと・・

人は生まれてすぐに、
母の無償の愛を受けます。

しかし、愛されなかった子供に、
人を愛することは出来ません。

人は愛されることで、
愛を知ると思います。

f0305411_1112795.jpg

境界例の人たちは、
「愛されていない」と言う思いの中で、
激しい感情に振り回されています。

不安の理由が見つからない・・
なぜなら、それは、
遠い過去の愛されなかった思い出だからです。

だから、誰かが母の代りをしなければ、
彼は自分を取り戻せないのです。

         (第51話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-09 11:12 | Comments(0)  

マザー・レス・マザー

幼い子供でも存在価値はあります。
だから放置されたり苛められた子供は、
怒り、泣いて存在を示します。

健康な子供はお母さんが安全地帯です。
お母さんがいなければパニックになります。

しかし、
お母さんから傷を受けてる子供は、
母がいなくても反応しません。

守ってくれる母のイメージが、
この子にはないからです。

f0305411_10131485.jpg

この子は、ボーダー・ラインになりやすいと言われ、
怒りやすく攻撃的です。

見捨てられ感(嫌われてる)が強く、
一日のうちで何回も感情が変化します。

母の愛をもらっていない母、
それが、マザー・レス・マザーです。

子供と一緒にいること、
それだけが愛ある人間を育てる道だと思います。


          (第50話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-08 21:16 | Comments(0)  

「生きたい」と「死にたくない」

生の欲望「生きたい」と、
死の恐怖「死にたくない」は、
コインの裏表です。
一方だけを得て、一方を避けることは出来ません。

神経症とは、死の恐怖「死にたくない」に、
注意が集中し、
生の欲望「生きたい」を忘れた現象です。

心が病んでしまうと、
生の欲望を忘れ、
死の恐怖「死にたくない」症状ばかりに悩まされます。

f0305411_12301771.jpg

抑うつ、対人恐怖、パニック、赤面、潔癖・・
こんな症状で苦しんでいたら、
生の欲望に眼を向けてください。

美味しいものを食べ、友人に会いに行く、
まだ行ったことのない場所や、
新しい映画を見る・・

人生は意味ではなく、
欲望であることに気づくこと。

       (第49話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2014-02-08 10:10 | Comments(0)