<   2014年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

 他者という鏡

他者とは私を映してくれる鏡です。
始めて鏡を見たとき、
人は自分を認識します。

鏡の中の私・・
「私を見ている私を私は見ている」

ただ「私を見る私とはイリュージョンです」
拒食症の人も視線恐怖の人も、
他者に受け入れてもらいたいのです。


f0305411_94095.jpg


そして共通した意識は、
「私を見る他人の目」という錯覚によって、
自分を見てしまいます。

恐怖は恐怖として、
恨みは恨みとして、
愛は愛として、
彼らは自分の思いを他者を通して、
見ることになります。
 
         (第232話)

ではよいお年を・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-31 09:40 | Comments(0)  

ストレスコーピング

個人のストレス対処行動、
それをストレスコーピングと言います。

ストレスと戦うのではなく、
うまく付き合っていく方法です。

ストレス対策には3つのRがあります。

①Rest (休眠・睡眠)
 休めない、眠れないは危険信号です。
 仕事をしていないと落ち着かない、
 休暇がストレスになるのは要注意状態。


f0305411_19101460.jpg


②Relaxation
「不安な心はリラックスした体に宿ることはできない」
 そう言われています。
 深い呼吸、心拍数・血圧の低下、
 皮膚温度の上昇など、
 身体がリラックスすると心も落ち着きを取り戻します。

③Recreation (運動、旅行、趣味)
 自然とのふれあい、まだ見ぬ人との出会い、
 大いなるものとの接触、
 ただし、うつ病のひとの旅行は勧めてはいけません。

(第231話)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-29 19:10 | Comments(0)  

快ストレスと不快ストレス

ストレスがなければどうなるか?
・・ないことがストレスになります。

ストレスには快ストレスと、
不快ストレスがあります。

適度なストレスは必要で、
交感神経・判断力・行動力を高めます。

運動によるストレスは、
適度であれば爽快感を与えてくれます。

不快ストレスは環境も大事ですが、
受け取り方・反応の仕方にも影響されます。


f0305411_958143.jpg


配偶者の死や離婚、懲役、家族の死など、
大きな不快ストレスです。

他には病気や人間関係の不和、
借金、妊娠、性の障害など、
複雑な人生のストレスがあります。

ストレスの対応はどうすればいいのか?
では次回に。

    
      (第230話)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-29 09:58 | Comments(0)  

ストレス

生きていると色んな刺激がありますね。
イヤなことを言われたり、
ツラい出来事に遭遇します。

これらの刺激、緊張をストレッサーと言い、
一種の防衛反応(押し返す力)を、
ストレスと言います。

ストレスが大きくなると、
生体反応が起こります。


f0305411_131144.jpg


①副腎の肥大
②胸腺・リンパ系の委縮
③胃・十二指腸潰瘍の発生

ストレスがひどく長びくと、
死に至る恐れもあります。

年内にストレスについてのお話をして、
今年も終わることにしましょう。

      (第229話)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-28 13:10 | Comments(0)  

日本発の心理療法 ②内観療法

創始者は浄土真宗の木辺派に伝承された、
「身調べ」という修行で悟りを得た吉本伊信です。

しかし、浄土真宗で修行・・?
ちょっと宗教に詳しい方ならそう思いますね。

親鸞聖人が開かれた浄土真宗には、
「修行」は無かった筈ではないの?

そうなんです。
内観とは修行ではなく「反省」です。

ただ2~3分、ちょっと考えて、
「反省しました!」
そんな甘っちょろい反省ではありません。


f0305411_9133410.jpg


まだ陽の上がらないうちから、
夜遅くまで徹底して反省して「自分を知る」ことをします。

①してもらったこと

②して返したこと

③迷惑をかけたこと


この3つの事柄を、母に対して父に対して、
今までお世話になった人に対して、
小学生から現在までの数十年間を見直すのです。

謙虚さとは何か?と問われたら、
「本当の自分を知ること」と答えるでしょう。
内観の目的も、そこにあります。

 (第228話)
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-27 09:15 | Comments(0)  

日本発の心理療法 ①森田療法

日本人が考えた心理療法は、
二つあります。

一つ目は、森田正馬(まさたけ)が創始した、
神経症を対象とした「森田療法」です。

神経症は症状を意識することでより悪くなるという、
悪循環によって起こります。
原因は(森田)神経質と呼んでいます。

治療法はその捉われからから、
自由になる訓練をします。


f0305411_218096.jpg


①不安に逆らわず不安を「あるがまま」受け入れていく。

②良くなりたいという「生の欲望」に従い、
 行動していくことを体得させる。

簡単ですが、この治療は非常に禅的であり、
健常者にも役に立つ生き方です。

      (第227話)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-26 21:08 | Comments(0)  

防衛機制  ⑮打消し

例えば誰かを、
傷つけてしまったら・・
ワザとらしく機嫌をとったり、
お世辞を言ったりしませんか?

また、親が子供を叱りすぎたことに後悔し、
良心の呵責で、、お菓子やおもちゃを買って、
機嫌を取るような行為・・


f0305411_1013125.jpg


このような償いを「打消し」と言います。
強迫行為にはこの、打消しの心理が、
働いていると思われます。

宗教倫理に反する行為や思い(性欲・怒りなど)を抱いた後で、
祈りや悔い改めをするのも、
非常に強迫的な打消し行為です。

(第226話)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-23 10:13 | Comments(0)  

防衛機制 ⑭自虐(自己への向き換え)

何か問題が起きたとき、
充分に話し会うこともせず、
ただ「私が悪かったのよ」
そう言って自分を責める人がいます。

相手に向けるべき感情を、
自分に向き換えて、
本当は相手の方が悪いのだと思っているのに、
無意識に自分が悪いのだということで、
問題解決を図ろうとします。


f0305411_20514734.jpg



こうして、
その人は、抑うつ傾向に陥ります。

このようにゆがんだ形で行われる、
防衛機制を『自虐』と呼んでいます。

(第225話)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-22 20:52 | Comments(0)  

防衛機制 ⑬分離

・恋人の死を知っても悲しみが込み上げてこない。
・葬式や卒業式に来ているのに何故か微笑んでしまう。

こんな人を見ると私たちは、
「なんて冷たい人なんだろう」
そう考えてしまいますね。
一体、この人の心の中では何が起こっているのでしょう?

人は誰でも「心に浮かぶ」ことと「感情」が一致しています。
でも、心に耐え切れない重荷があれば・・
そんなとき防衛機制が働きます。


f0305411_1885623.jpg


つまり、現実と感情を切り離して(分離)
何も感じなくして、心の負担は軽くしてしまうんです。
すると、気持ちの処理もしやすくなります。

突然の事故や災難にあった時、
茫然として感情が働かなくなった経験がありませんか?

無意識はこうしてあなたを守ります。
しかし、これが高じてくると、
強迫神経症の原因になると言われています。

(第224話)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-20 18:10 | Comments(0)  

防衛機制 ⑫逆転

防衛機制とは、社会適応が出来なくなった自我の、
再適応復元システムです。

言われてみれば、
「ああ、そうか!」と思い当たるものがあると思います。

例えば、
今回紹介する「逆転」がそうです。
山崎豊子の「白い巨塔」を読んだことがありますか?

主人公の財前五郎は優秀な外科医ですが、
大きな手術の後は、必ず愛人の元へ向かいます。

これは手術で味わった緊張感を、
性的興奮で満たすためです。
この働きを「逆転」と言います。


f0305411_19244812.jpg


男性なら経験があるのではないでしょうか?
怒りや憎しみを「性」で解消したことを。
逆転は愛情を憎しみに変えることもします。

また、サディズムをマゾヒズムに変えることは、
社会的地位の高い人に良くある行為です。

有名な政治家や、社内で高慢な社長が、
SMクラブで虐められている後景が想像できますか?

これらは仕事で受けたダメージを、
受け入れやすくしている防衛機制です。

(第223話)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

[PR]

by bruckner72 | 2014-12-19 19:24 | Comments(0)