<   2016年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

あるがまま

私が願ったから、そうなるのか?
私が願わなければ、そうならないのか?

これらの答えは、
ひとえに「私以外の力」によって、
なるようにしかならない、
と答えるしかないのです。

人は財産、権力、健康、愛、若さを求めて、
努力や尽力を尽くします。


f0305411_917792.jpg


これを日本語で「はからい」と言い、
反対語を、「おまかせ」と云います。

この、おまかせする気持ちが、
「ありのまま」です。

(第392話) 
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-11 09:17 | Comments(0)  

宗教的信仰

宗教的生活には、
「信仰」という不思議なものがあります。

「悪人こそ救われる」とか、
「良い行いをするのは私が善人だからではない」

このような親鸞の言葉は、
お釈迦様の説法のどこを探しても、
書かれてはいません。


f0305411_23103380.jpg



宗教的な「信」には、
経験以上のものがあります。

宗教的信仰・・
それは運命を賭けた決断です。

阿弥陀様に私を浄土へ生まれさせる力があるのか?!
信じられないことが、
人間の本来の姿なのです。

(第391話) 
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-10 23:16 | Comments(0)  

本願

今日から不思議な話をします。
阿弥陀様がみんなのために建てた願いを、
「本願」と言います。

本願の力とは、
名号(南無阿弥陀仏)を唱えさせて、
浄土へ生まれ変わらせて、
ゼッタイに悟ることのできなかった私を、
”仏”にさせようという力です。


f0305411_926587.jpg


この力はあなたが善い人だからではなく、
修行をしたからでもなく、
ただ100%、
阿弥陀様の不思議な力です。

この力を「他力」と言います。
無限の時間と命に包まれた不思議な力ゆえに、
煩悩まみれの人間にはすぐには信じられません。

そんなあなたを根底から変えてくれる力です。

    (第390話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-10 09:30 | Comments(0)  

独り死に、独り来て、独りゆく

人はこの世の愛欲の鎖につながれているが、
独り死に、独り来て、独りゆきます。

すべては自分の責任において負わなければならず、
誰にも代わってもらうことが出来ない。

どんなに利口そうなことを言っても、
欲は多く、怒り、うらやみ、ねたむ心もやむなく湧いて、
命終わるときまで、とどまらず、消えず、たえぬのですから。


f0305411_22244296.jpg



そのことに気づいたら、
自分の力を諦めて、水の中に浸かれば、
水が私を浮かせてくれる力に任せます。

一度、浮かぶコツを覚えたら、
次からは自由自在に泳ぎ回ることもできるのでしょう。

(第389話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-06 22:25 | Comments(0)  

人の思いとは・・

家があれば家に悩み、
家族があれば家族に悩み、
お金、財産、衣食、さては恋人に至るまで、
あればあるにつけて、
憂いはつきない。

また家や家族がなければほしいと悩み、
お金、財産、衣食、さては恋人に至るまで、
なければないにつけて、
欲しいと思い悩む。


f0305411_7371957.jpg



たまたま一つが得られると、
他の一つが欠け、
これがあればあれがないというありさまで、
つまりは全てを揃えたいと願います。

運のいい人はたまたますべてをそろえても、
それはつかの間のことで、
すぐに消え失せてしまう。

(第388話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-05 07:38 | Comments(0)  

末法の自覚

仏滅後(釈尊がなくなってから)
五百年までが正法、一千年までが像法、
それから一万年までが末法の時代と言われています。

釈尊滅後、約2500年。現在は末法の時代です。

もはや仏法は修行も悟りもなく、
教えだけがある末法の時代となりました。


f0305411_2147837.jpg


どんなに優れた能力を持っていても、
聖道門(自力)では、覚りを開くことは出来ないのです。

難行とはお釈迦様の方便で、
本当に教えたかった真実の仏法とは?
浄土門(他力)であったと、
親鸞聖人は発見されたのです。

(第388話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-03 21:50 | Comments(0)  

常行三昧

比叡のお山での修行の一つに、
常行三昧というものがあります。

九十日の間、一日一時の休みなく、
心に仏を念じ、身に仏を礼拝し、
口に仏の名を唱えながら、
仏像の回りを歩き続けるという修行で、
現在でもこの修行は行われています。


f0305411_22224047.jpg



親鸞聖人も堂僧であるときに、
この修行をしたと妻の「恵心尼文書」に書かれています。

意識も肉体も気力も限界を迎えたとき、
修行僧は「阿弥陀仏」を見る奇跡に出合います。
徹心さんの著書「天台」には、
この貴重な修行中のことが書かれています。

f0305411_22241489.jpg



しかし、多くの修行僧はその奇跡には出合えません。
親鸞もきっと仏を見れなかった僧の一人でしょう。
だから比叡を降り、法然のもとに救いを求めたのです。

それほど、安心の道(悟り)は遠いのです。
仏法では悟れない・・
まさに時代は末法のときを迎えていました。

(第388話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-06-02 22:24 | Comments(0)