「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

「閉じ込められた心」が多重人格をつくる。

「親は子供のためなら死ぬことも厭わない。」
小さいころ、私は父からそう教わりました。

しかし、自分の娘をレイプする親や、
虐待で死の淵までわが子を追いやる親を見るたび、
親が子を可愛がるのは、
当たり前のことではないのかも知れない・・
そう思うようになりました。

大概の場合、児童虐待や折檻は、
長期にわたって続くものです。

それによって子供が受ける心の傷は、
戦争やレイプの比ではありません。



f0305411_994756.jpg



 
さらに80年代以降のトラウマ後遺症に、
多重人格(今では解離性同一性障害)の、
症例が増えてきています。

この原因の多くが性的虐待と言われています。
多重人格が女性に多いのはこのためです。

ピエール・ジャネという心理学者は、
「解離」とは忌まわしい過去への記憶を、
別の部屋(意識状態)に、
押し込めてしまった状態と言っています。

つまり、耐えられない苦しみによって、
こころを防衛する機能が、働いたと言えるのです。

     (第411話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-29 16:30 | Comments(0)  

見捨てられたAC

AC(アダルト・チルドレン)の心には、
いつも「見捨てられ感」があります。
なぜなら、彼(彼女)は、
愛された経験がないからです。

愛された経験がないために、
本当の愛し方が分かりません。

それで知らず知らず、
自分を相手の犠牲にすることで、
相手に尽くそうとします。


f0305411_1815222.jpg



自分がどれだけ悩んでいるか誰かにわかってもらいたい、
悩みの原因となっている人になんとか仕返ししたい、
でも多くの人は誰にも見られないところで、
独り悩み自分を傷つけていきます。

彼(彼女)は、
責任を取りすぎているのでしょうか?
または無責任すぎるのでしょうか?


f0305411_1823159.png



ACの人は自分が憐み救える人を、
「愛する」傾向があるのです。

これは「愛されたい」ことへの、
裏返しだといえないでしょうか?

  (第410話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-27 18:06 | Comments(0)  

ACの共通した感じ方

アダルト・チルドレン(以下ACと省略)と呼ばれる人は、
批判されながら育ってきた結果として、
自分を値打ちのない人間だと思っています。

多分、自分を人生の犠牲者として、
考えているのでしょう。


親から叱責されたメッセージを、
そのまま他者への攻撃として使い裁きます。

自分の自信のなさを隠すために、
完全主義者になったり、
他人をコントロールする人になります。

気づいた時には、
人を侮ったり、ゴシップを流す人になっています。



f0305411_0311187.jpg




誤解しないでください。
ACの人が孤立するのは恐れのためであり、
権威のある人を苦手としているためです。

<ACの特徴>
・ACは怒る人を恐れ、批判におびえます。
・そのため居場所や安全がないと感じています。
・情緒的に不毛な、アディクションの人たちを、
 惹きつける傾向があるようです。

(第409話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-26 00:31 | Comments(0)  

AC(アダルト・チルドレン・オブ・アルコホーリクス)

AC(アダルト・チルドレン・オブ・アルコホーリクス)
子供時代にアルコール症の親に育てられた子供・・

最近では機能不全家族(虐待・ネグレクト・家庭崩壊)の中で、
育てられた子供をさしたりもます。


このような環境で育った子供が大人になると、
なぜか、あんなに嫌っていたアルコール症の伴侶を、
選んでしまうケースがあります。

つまり、ACとはトラウマが生み出した、
「対象愛人間」のことです。

対象愛ゆえに、
彼女(彼ら)は、いつも愛されていないという、
「見捨てられ感」に脅かされます。


f0305411_9512888.jpg



不適応に苦しみ、自分の必要な感情を、
表現することが出来ないこと、
痛み、恨み、恥、恐れ、癇癪に気づいていません。

そしてあらゆる方法を試み、
信頼・尊厳・勇気の回復、そして新しい人生を、
受けとる準備を探し始めます。

   (第408話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-24 09:51 | Comments(0)  

自己愛を満たしてくれるアルコール

セックスやモラルに関するルールが、
あまりに厳しいため、
人は多くの欲望を心に押し込めています。

依存症は人間関係の病だと言われていますね。
どんな依存症であれ、
「一人でいるとき」が一番危ない。

大勢でお酒を飲むのが好きな人に、
アルコール依存症は少ないんです。

依存症者は一人が好きなわけではなく、
他者と交わることが苦手なのです。


f0305411_9483846.jpg



誰かと一緒にいたいけれど、
一緒にいてくれる人がいない、
そこでアルコール、薬物、セックスに依存しないと、
不安でしょうがなくなるんですね。

フロイトによると、
お母さんのオッパイを吸ったり、
べたべたできる期間を、口愛期(こうあいき)と、
呼んでいます。

この時期に充分な愛情を受けて育たなかった人は、
口愛期(こうあいき)に止まっています。

このような現象がいろんな病を引きすと、
フロイトは考えたようです。

(第407話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-21 09:49 | Comments(0)  

帰依する

人間は欲望を肯定し、
そのために縛られ拘束されていきます。

三宝に帰依するとは?
インドでは「南無」
中国に来て「帰依」
日本語では「任せる」と言います。

私の欲望を主(あるじ)とする生き方(外道)から、
三宝(仏・法・僧)を拠りどころとする生き方(仏道)に、
回向(方向転換)することです。


f0305411_20585410.jpg



つまり「私が一番」から、
「如来が一番」になることです。

この世は常に変化し続け、
晴れることにも、雨が降ることにも、
「私」が捉われているだけで、
良いも悪いもないんです。

あなたが信じることのできる「大きな力」に、
任せることで、
人は自分を「無」にすることが出来ます。

      (第406話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-15 21:00 | Comments(0)  

努力をさけよ!!

無意識にあるものは、
外界に向かって現れ、
人格も無意識から発達し、
自ら体験することを欲している。
        (C・G・ユング)


無意識にあるもの・・
そのプログラムのおかげで、
一つの卵子は細胞分裂をはじめ、
手や足、身体の至る部分を形成します。

何の心配や苦労もなく、
宇宙の法則通りその通りになるんです。


f0305411_2115090.jpg



<大切な2つの教え>
①この世のことは、誰の思い通りにもならず、
②また、すべての出来事には良い悪いもない。

縁によって起こり、
縁によって去ってゆく。
それは良いことでも悪いことでもない。

それを納得で来たら、
なにもしない(受け入れる)でいよう。

(第405話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-14 20:58 | Comments(0)  

人生を変える『自己暗示』

意思と想像が戦うとき、
100%想像が勝ちます。

ここで言う想像とは、
無意識のことです。

無意識が「そうなる」と信じていることは、
必ずそうなります。

だから無意識(土)に思い(種)がまかれたら、
願いという実がなります。


朝目覚めたときと、眠りにつく前の、
ウトウトしている時、
意識レベルが低下し、
無意識レベルが頭を持ち上げています。


f0305411_10183483.jpg



その時に20回、こう囁きます。
『私は毎日、あらゆる面でますます良くなっている』

すると心と身体の治癒は早まり、
人生が本当に良くなってきます。

これが100年も前にフランスの心理学者、
エミール・クーエが考案した精神療法です。

(第404話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-12 09:14 | Comments(0)  

そらごとたわごと

「よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、
 まことあることなしに、ただ念仏のみぞ、
 まことにておわします」(親鸞の言葉)

仏教的な見方をすれば、
「迷いの世界」と「悟りの世界」を想定しているのです。

「悟りの世界」からみれば、
「迷いの世界」はそらごとたわごと・・
虚仮(こけ)の世界と言っていいでしょう。

この世は所詮、虚しい仮の世界、
悟りの世界こそ変わらぬ真実の世界なのです。


f0305411_15292750.jpg



悟りの世界に立って物事を見たとき、
私たちは、この世(仮の世界)を捨てることが出来ます。

この世を捨てさせ、私自身を捨てさせる教え・・
それが仏教です。
するとどうなるかと言えば・・

楽になるんです。
この世に執着しなくなるんですね。

   (第403話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

by bruckner72 | 2016-07-05 15:30 | Comments(0)