乱・乱・乱

今から2500年前、
いろんな考えや修行があった筈なのに、
どうしてお釈迦さまは、
みんなと違う方向へ行ったのだろう?


それは多分、今やっている修業方法は、
すべて人間の考えだからだ。


そしてお釈迦様が思ったこととは?
「人間の考えをやめてみたら・・」

  乱・乱・乱

   
f0305411_2115652.jpg




それまでの修業を止める・・
それが「仏道」のはじまりだ。

今までは自分の考えで、
真理をつかもうとしていた。

しかし、これからは、
真理をありのままに受け入れてみる。

それは現在にも通じる、
生き方ではないだろうか?

(第435話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-12-18 21:15 | Comments(0)  

人間の考えをやめてみたら・・?

考えても考えても、
解決しない場合どうするか?

人間の考えをやめてみたら・・?
そしたら全く別の世界があったことに気づくはず。

真理とは人間のためにあるだろうか?
すべてのものは人間のためにあるだろうか?

いわゆる思量とは分別。
不思量とは無分別。

自分の力で何とかしようとするのが分別。
他にまかせるのが無分別。


f0305411_8414410.jpg



たとえばね。
目で目は見れないけど、
目以外は見れますね。

目は無です。
無だからすべて(色)がある。
色即是空です(笑)

何も考えないから、
見えるもの、聞こえるもの、感じるものが、
ありのままにわかる。。

そんな所にヒントはあるような・・
今夜はそんな話でした。

(第434話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-12-15 20:46 | Comments(0)  

夢のお告げ

真言宗で一番大切な教えに、
「理趣経」というお経があります。

あの最澄(天台宗)が空海に頭を下げて、
お願いしても貸してもらえなかった、
秘伝中の秘伝のお経です。

その門外不出のお経を、
夢で伝授されたと言う人がいます。

明恵(みょうえ)と言う鎌倉時代の名僧です。
この人が十九才のときに、
夢にインドの僧があらわれ読み授けられたそうです。


f0305411_10162321.jpg



この理趣経には、
「男女の恍惚境も、清浄なるぼさつの境地である」
「一切(すべて)の法(もの)は清浄(きよらか)なり」
性や欲望の肯定ととれる教えを、明恵はどうとらえたか?

お経はマガダ語やサンスクリット語など、
いくつかの言語を超えたうえに、
釈尊亡きあと、2500年も経ていますから、
時代も違うし、訳し方、伝わり方で正確さ欠いているかも知れません。

もしかしたら夢は時空を超えた、
最高の伝達方法だとも思えます。

(第433話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-12-12 10:29 | Comments(0)  

こんな夢を見た

<こんな夢を見た>

どこか旅行の途中で、
帰りの電車が分からなくなってしまう。
建物の中の乗り場や、案内所で聞こうとするが、
行き先が書かれてないので、いろいろ探している。


f0305411_9182769.jpg



仕方ないので歩きはじめると、
郊外の平地に出る。


f0305411_9203285.jpg


その平地を一緒に歩いているのは高倉健だ。
私は彼と映画の話を始める。
高倉健の何本かの映画を思いだし、
とても良かったと話している。


f0305411_9233913.jpg



すると交通量の多い道路に出る。
高倉健はその車が走る中を上手に道路を横断した。


f0305411_1013350.jpg



私は後についていくが車が邪魔で取り残される。
少し遅れて道路を渡ると健さんが、いなくなっている。

どこかにいないかと待っていたが現れないので、
左の道に行くと汚い何軒かの食べ物屋がある。


f0305411_9283222.jpg



店の前で作業をしているおばさんがいる。
私は「ここはどこですか?」
そう聞くと「ここは大阪のネジマや」と答える。
枚方に帰るにどうしたらいいか?と聞くと、
私を見て「金は貸せへんで」という、
きっと帰りの電車賃をせびられると思ったのだろう。


f0305411_9302176.jpg


「お金はあります」というと、
紙を持ってきて地図を書き始めた。
ず~っと一本の線を描き、
最後に「ここがネジマや」といった。
ネジマ?知らないなあ。
そこで夢が覚めた。


f0305411_9325995.jpg


目が覚めてから生きていくのに、
仏教的なものは(座禅や念仏)いらないなあと思った。


※ ネジマ(내지마)
  その意味は?
  韓国語で「~するな。」って意味だった。

私はなぜか気持ちが楽になった。
そして、心にあった思いを捨てることにした。


f0305411_10192395.jpg



(第432話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-12-11 09:41 | Comments(2)  

宗教に求めるもの

心が穏やかで、
迷い事がない状態・・
それを安心と言う。

その心を求めて、
人は宗教に走る。

ある女性が若くして父親を亡くす。
その女の悲しみは尋常ではなかった。

1年たち2年が過ぎ、
悲しみは消えない。
仕事も家事も手につかない。

そんなとき、
ある宗教家が現れあの世の理をさとす。

永遠の命の中では、
この世はほんの少しの時間・・



f0305411_11325856.jpg



「そうだ、いつか天国でお父さんに会える日が来る」
そう女性は納得したことで安らぐ。

ここで大切なことは、
女性が宗教家の説法を心から、
受けいれ納得したこと。

この教えを信じる限り、
安心の”生”があるけれど、
現代の人がどれほど、
この宗教的納得を得られるだろうか?

(第43Ⅰ話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-12-10 11:33 | Comments(0)  

神のいる場所(パワー・スポット)

奈良県桜井市の三輪神社は、
パワースポットで有名な所だ。

なんでもあの霊能者・江原さんが、
日本で5本の指に入るパワースポットと、
お墨付きの神社なのである。

もう何年も前、
山の辺の道を歩いた時に、この三輪神社、
正式には、大神神社(おおみわじんじゃ)の、
鳥居をくぐった途端、
なんとも言えない静寂と霊気を感じた。

ご神体は三輪山そのもので、
「神の宿る山」として崇められてきた聖地、
まさに、パワー・スポットなのである。



f0305411_118466.jpg



日本人は古代の昔より、
自然を神と崇めてきた。

「自然という神がすべてを導いてくれる」
そのように理解することは、
かなりの人に可能なのではないか?!

人は自然の流れの中で、
変わろうとあくせくしないでも、
変えられていくのではないだろうか。

川の水がいつか大海に流れつくように、
導かれ護られている・・

(第430話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-12-06 10:25 | Comments(0)  

イメージの世界

自然に反する作業をするのは人間だけ。
その特性は「言語」と「意識」だ。

どこかの屋根の上で、
カラスが「カアカア」と鳴いている。

すると昔の人は、
その家から死人が出ると恐れた。

このような思いは、
自我そのものだけど、
自我が自然と、かい離すると、
神経症などの病に侵される。

この病気の回復に必要なものが、
イメージだと心理学者は考えた。

「清水の舞台から飛び降りる」
などの表現もイメージだが、
イメージは夢に表されることも多い。



f0305411_21115079.jpg



他県に嫁ぐことを拒んでいた女が、
大洋を洋々と船出する夢を見て、
なにか明るい未来をイメージして、
嫁ぐ決心をする。

すると嫁いでニケ月もすると、
故郷に比べたら大きな屋敷と贅沢な暮らし、
優しい夫と幸せな生活の中で、
以前、あんなに嫁ぐことを嫌がったことなど忘れてしまった。

夢と言うイメージが、
心を変えてくれたからだ。

(第429話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-12-04 21:11 | Comments(0)  

無心

咲く時が来れば咲き、


散るときが来れば、


自然に散る花と同じように、


この身も自然の理法にかなったものだ。



f0305411_20441360.jpg




花には花の色があり、


月には月の光がある。


ただそれだけのことと執着なく眺めていれば、


心は何にとらわれることなく、


無心でいられる。


 
(第428話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-11-25 20:45 | Comments(0)  

指月の月(しげつのつき)

「ああ、あそこにきれいな月があるね」
そう人差し指で月を指すと、
「どこどこ」
そう言って、
月を見ないで、指を見る。


「ほら、あそこだよ」
そう言っても、
月はなにせ遠くにあるものだから、
気づかないでいる。


f0305411_13171612.jpg




そのうち、
「お前の指は太い」とか、
「やれ、手を洗ったか?」とか、
話の目的からずれてしまう。

「あそこに月が・・」
そう言って、
指の先の月を見ることが出来るのは人間だけ。

猿や犬にはできない。
だのに人間でも本筋から離れて、
引っかからなくても言いところに、
引っかかってしまう。

人の暮らしとは、
こんなことの繰り返しでしょう。

   (第427話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-11-20 13:21 | Comments(0)  

二河白道(にがびゃくどう)

ここに一人の旅人がいて、
西に向かって歩いている。

すると行く手に、
二つの河がある。

一つは火の河であり、
もう一つは水の河である。

そしてその真ん中には、
幅15cm、長さは歩いて百歩ほどの白い道がある。

火の河は火炎が燃え上がって道を焼いている。
水の河は波浪は打ち寄せ流されそうだ。


気がつくと後方には群賊悪獣がいて、
今にも襲いかかろうとしている。

絶体絶命、この恐ろしさは譬えようもない。
行くも死、とどまるも死、引き返すもまた死。



f0305411_13204438.jpg




そのとき、東の空から釈尊の声が聞こえる、
「君、覚悟を決めてこの白道をすすめ。
 難に遭うことはない。とどまれば死ぬ」

西の空からは阿弥陀仏の声。
「君、一心正念にして迷わず来たれ。
  我、よく汝を護らん」

釈迦の行け、阿弥陀仏の来いの声に誘われて、
旅人は、怒り、嫉妬の火の河、愛欲の広海を、
ただ白道にすがって浄土へ、
たどり着くのである。

以上が、
善導大師の二河白道のたとえ話です。

(第426話)
参考になったら迷わずクリックを。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマ ネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
 
[PR]

# by bruckner72 | 2016-11-14 11:25 | Comments(0)