「ほっ」と。キャンペーン

投影の引き戻し

コンプレックスは、
どうして解決していくのでしょう?

例えば不眠の相談にA子さんが来ました。
それで話を聴いていると・・

コンプレックスが一番関係している内容が、
いくつも話の中に出てきます。

話しているうちに一緒に同居しているB子さんがいて、
「彼女がどうしてもイヤなんです!」
そんな話になってきました。

「彼女はお化粧ばかりしているので腹が立つ。」
イヤな理由は同居人のお化粧でした。

f0305411_22525233.jpg

B子さんの化粧でA子さんの、
「化粧コンプレックス」が動き始めたんですね・・

人によっては、
化粧をするのは身を売る行為だと云う女性もいます。

勿論、人前で化粧するのも気にならない人もいますね。
コンプレックスは人によってこんなにも違います。

A子さんは不眠で相談に来られましたが、
実は化粧に対するコンプレックスを、
同居人のB子さんに投影していたのです。

このように自分のコンプレックスに気づくことを、
投影の引き戻しと言います。

      (第3話)
[PR]

# by bruckner72 | 2013-11-12 22:53 | Comments(0)  

コンプレックス

コンプレックスというと、
劣等感だと思ってる人もいます。

劣等はコンプレックスの一つです、
コンプレックスとは「複雑な感情のもつれ」だと言えます。

「君、ちょっと音痴だね」
そう云われて、
「そんなんですよ、歌は苦手で・(笑)」

そう答えられるのに、
「英語は出来ないんだね!」
そう云われると
「英語が出来なくても困りませんよ」

そう語気を強めたりします。
「英語なんか得意な人は碌なもんじゃない!」
そんなことまで云ったりします・・

f0305411_1922120.jpg

あなたにはいろんな不得意なことがあるのに、
英語に関しては何か複雑な思いがあるのです。

勿論、英語がうまく話せなかったとか、
外国に行って嫌な思い出があったかもしれません・・

昔の恋敵が英語の教師だったりしたのかも知れません、

いかなる理由があったにせよ、
その背景に複雑な感情のもつれがあるのです。
それをコンプレックスと言います。

次回ももう少しこの続きをしましょう。

     (第2話)
[PR]

# by bruckner72 | 2013-11-08 19:15 | Comments(0)  

心を知るための方法

「Bobの心理学クラブ」へようこそ。
産業カウンセラーのBobです。

これから心とはなにか?を一緒に、
考えていきたいと思います。

深層心理学では心を、
意識と無意識に分けて考えています。

無意識を学ぶだけでなく、
体験するにはどうしたら良いでしょう?

ユングが提示した無意識への到達方法とは、
一つに言語連想法、
二つ目が夢分析、
三つ目が能動的想像法(アクティブ・イマジネーション)でした。

わたしならもう一つ加えます。
それはメディテーション(瞑想)です。

私の目的は病気を治すための心理学ではなく、
人生の目的に達するための知識です。

f0305411_20383543.jpg

多分、私たちの心はほとんどが、
無意識のままで終わるのではないでしょうか?

「仮説の提示」と「事実による検証」・・
それが私のしようとすることです。

生まれたばかりの自分・・
それは命そのものの自分でした。
永遠の命を生きる自分です。

しかしある日、突然私たちは目覚めます。
「私のもの・・」という意識、

これが自我の目覚めです。
私と他者を分ける心・・
この日から苦悩は始まります。

              (第一話)
[PR]

# by bruckner72 | 2013-11-03 20:41 | Comments(0)