絶望という「扉」

西暦487年に生まれたと云われていますが、
神光という悩める僧がいました。

彼は今で言う、
強度のノイローゼにかかっていたようです。

儒教や老荘の思想を学び、
出家して8年も修行したのに、
心の苦しみから解放されることはありません。

ある時、彼は少林寺に、
”達磨”という名僧がいることを知ります。

「もうこの人しかいない」
彼はそんな思いで達磨に弟子入り志願をしました。

しかし達磨は断ります。
神光は最後には自分の腕を切り落として、
自己の真剣さを訴えます。

f0305411_18255599.png

「心が不安で仕方ないのです。
 達磨様、どうかこの気持ちを楽にしてください」

達磨は言います。
「それほど言うなら、不安を取り除いてあげよう」
達磨は続けます。
「その不安という心をここに持ってきなさい」

すると神光はいいます。
「達磨様、いくら探しても、
   その不安な心が見つからないのです」

達磨は言います。
「これで不安は取り除いたぞ!」
(不安な心がないと分かればそれが安心じゃないか)

神光「!」

くよくよ考える癖のある現代人には、
ちょっと心に残る話ですね。

      (第21話)


クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-13 18:31 | Comments(0)  

直感と感覚

ひと目あった人の服装の色や、
髪型、靴の色まで、よく覚えている人があります。

誰かの家を訪問した後でも、
家具の配置、敷物の柄など良く覚えているんです。

見たり聞いたりしたことに敏感です。
このような人を感覚型と呼びます。

そうかと言えば、
なんでも”ひらめく”人がいます。

本を読んでいても、
何かをヒントにパッとひらめきます。

f0305411_2034746.jpg

あとで何の本を読んでたの?
そう聞くとそれは思いだせないタイプです。
感覚は鈍いんですね。

こんな人を直感型と言います。
直感と感覚は相反した心の機能です。

      (第20話)
クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-10 20:15 | Comments(0)  

思考型

思考型の人は、
考えることが好きです。

置物を見ても、
「この置物は他の物とどう違うだろう?」
「ここに置いてある意味はなんだろう?」
このように考え出します。

音楽を聴いても誰が作曲していつ録音したのか?
そんなことが分からないと鑑賞が始まりません。

感情型なら、
「美しいね」とか「ここには似合わないね」
すぐに感じはじめます。
好き嫌いを感じられるんですね。

そして思考タイプの人は感情が発達していません。
お互い反対の働きなんです。

世界を回った、ダーウィンは外向的思考型、
外に出ず考えた、カントは内向的的思考型、
同じ思考型でもかなり違います。

f0305411_20394248.jpg

直感や感覚で気づいたことをベースに考える・・
直感思考型、感覚思考型などのタイプもあるでしょう。

主機能は思考であり、他のタイプが補うんです。
時代・文化によってタイプの価値は変わっていきます。

思考だけで成功した研究者も、
リーダーになると人の顔色も見れる、
感情型を伸ばす必要が出てきます。

自分の発展の筋道を見ることが、
個性化であり自己実現だと思います。

        (第19話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-07 17:38 | Comments(0)  

感情型

女性心理の特徴は、
思考よりも感情(感じる力)にあります。

彼女の感情が妥当だと云えるのは、
”恋人選び”にあらわれます。

彼女は内なる主観ではなく、
身分、年齢、身長、資産の欲求に、
「ふさわしい」男性を選びます。

感情を妨害するものは思考です。
彼女は、「感じる」ことだけを「考え」ています。

f0305411_20234760.png

感情に不利な事柄を思考は、
「・・にすぎない」と言い訳をします。

感情と思考は対立し、
そして思考は抑圧されていきます。

     (第18話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-06 20:24 | Comments(0)  

here now

苦悩の原因は、
間違ったものの見方、誤解より生じます。

間違ったものの見方を、
取り除くことが出来れば自由になれます。

私たちは自分自身や他人に対して、
間違った見方をしています。

それが憎しみ、暴力に対する、
恐れの原因です。

深い瞑想は存在するものと存在しないもの、
その概念をあきらかにします。

誕生と死、訪れるものと去っていくもの、
それらも誤った考え方からきています。

もしあなたが死や存在しないものを恐れていたら、
死や存在しないものについて、
間違った見方をしているのです。

f0305411_2121377.png

雲は雨になったり雪になったりします。
雲はなくなることは出来ないのです。

死は存在しない・・とはそんな意味です。
悟りとは間違った見方・見識を、
取り除く適応能力です。

このような見方を、
心理学では”認知”と呼んでいます。

 (第17話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-04 21:04 | Comments(0)  

裏の顔

ほとんどの場合、
優越機能は親切で美しい長所です。

反して劣等機能はわがままで独断的です。
性格上の影の部分(裏の顔)です。

社会的に昼の顔が優越機能であり、
家に帰ってくると疲れた劣等機能になります。

f0305411_18291977.png

共働きの夫婦は、
お互いが外では良い顔を見せていますが、
帰ってくると悪い面を見せ合い仲が悪くなります。

劣勢機能は無意識なので、
自分より他人のほうがよく知っているものです。

お互いが疲れてくると、
裏の顔ばかりを見せあいます。

       (第16話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-02 18:29 | Comments(0)  

心の扉を開く

内向的・外向的だけでは、
判断できない性格もあります。

外では陽気で世話好きな夫が、
家庭では気難しく無口な人の場合です。

反対に、外では不機嫌でケンカばかりしている人が、
家ではやさしいマイホーム的なパパやママだったりします。

こうなると、
内向・外向だけでは性格を分類することが出来ません。
なぜ夜と昼では態度が変わるのか?

f0305411_1929592.jpg

答えは意識しているときの心の構えと、
無意識の心の構えは正反対になるからです。

内向的な性格も外向的な性格も、
どちらの性格も人間は備えています。

この二つの性格には、
優勢と劣勢があります。

       (第15話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-01 19:22 | Comments(0)  

人の性格を分類する

「心の構え」には違いがあります。
一つは人間同士の関係に目が行くタイプです。

もう一つは「内面の動機」に、
目を向けるタイプです。

人間関係に目がいく人を「外向的」、
主体的な内面の動機に、
目がいく人を「内向的」と呼びます。

人にはこのように「心の構え」があって、
その構えが外へ外へと向かう人と、
心の中へ関心が向く人との違いがあります。

外向的な人は、何がしたい、何を言いたい、これが欲しい、
このようにエネルギーが外へ向かっていますから、

「あの映画おもしろいよ」「ジャズっていいね」
そう聴くと「ああ、すてきだね」
そう心まで周りの人と一体化していくのです。

f0305411_9581748.png

それに対して内向的な人は、
自分の周囲にバリアーが張ってあるので、
エネルギーが内に溜まって流れ出さないのです。

ですから「AKBって可愛いね」とか、
「あの人のヘア・スタイルいいね」
そう云われても自分の判断をもっているので、
他者と簡単には同一化しません。

これは自分の基準に従って態度を決める、
と言う「心の構え」を持っているからです。

       (第14話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-12-01 10:00 | Comments(0)  

性格のタイプ

大きく分けると性格には、
外向性と内向性があるとユングは言いました。

新しい環境でも自然に入っていけるかどうか?
心が外に向くか、内に向くか?

ただ内向性の人が無口だとは限りません。
自分の得意分野だと良くしゃべります。

外向的な性格でも内向的な傾向を、
無意識に秘めています。
性格は、お互いを補っているんです。

お酒を飲むと自我のコントロールが弱くなるので、
無意識的なことが出てきますね。

日頃静かな人が酔っ払うと裸踊りしだしたり・・
騒がしい人が酔うと妙にしんみりし出したり・・

内向的な人は外向的な伴侶を選んだりします。
またとっつきは外向的な人が良いんですが、
長く付き合うと落ち着きがなくて疲れてきたりします。。

f0305411_1222293.jpg

同じタイプだと話が通じやすいですが、
タイプが違う方が気づきが多くて楽しい一面もあります。

人生が発展のとき、
違う性格がうまくいくんですが、
熟年の人生では趣味が違いすぎてうまくいきません。
これが夫婦の危機です。

また同じタイプの夫婦ですと、
変化がないので一緒にいて面白くないようです。

いずれにせよ、
人間関係には危機を克服するときがきます。

  (第13話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-11-30 10:52 | Comments(0)  

心の構造

精神分析や夢判断の著書で有名な、
フロイトは心を、
どう考えていたのでしょう。

心とは、
自我、エス、超自我で構成されています。

エスとは本能であり欲望です。
性欲、食欲など・・
過去の経験やトラウマもエスにあります。

自我とはエスを社会に適応させたものです。
欲望を抑えたり、理性と葛藤したりします。
つまり自我はエスと超自我の調整役です。

超自我(理性)は親や教育によってつくられます。
理性は神が与えたものではないのです。

f0305411_22201142.jpg



「自分を責める」とは、
超自我が自我を責めていることです。

心を軽くするには、
超自我を見直してみる必要があります。

両親や道徳心を整理してみる・・
他人からの教えが正しいとは限らないのです。

こうでなければならない・・
そんな思い(超自我)から自由になることが必要になります。

     (第12話)

クリックで応援してください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
[PR]

# by bruckner72 | 2013-11-26 22:20 | Comments(0)